Javaは開発環境をインストールして動かしてみると覚えやすい

俺は去年、基本情報技術者試験を受験しました。

午前対策は試験の1ヶ月前から過去問を10年分以上解き、わからない単語をすべて調べ、一度調べた単語でも忘れてしまったら覚えるまで何度も調べました。

本は使わなくとも、パソコンとネット環境があれば本さえなくても説明がわかりやすいwebサイトはいくらでもあるので、午前ついてはわざわざ本を買う必要はないと思います。午前に関しては一日の勉強時間は1時間~2時間ぐらいでした。

午後対策は午前の問題がかなりわかるようになってから、およそ試験10日前に本を買って勉強しました。自分にとってわかりすい本であればどの本でも勉強できると思います。

アルゴリズムとプログラムも大事と言われますが、私はどちらも中途半端な知識で試験を受け、それ以外の部分を間違えずに回答して合格したため万遍なく勉強していくことが大切だと思います。

午後に関しての一日の勉強時間は2時間ぐらいでした。午前についても午後についても択一式の試験だから60点以上取得できたと思っています。本当に受かりたくて時間がない人向けの勉強方法だと思います。

また言語はJavaを選びましたが、参考書や問題集を見て覚えるだけでは限界があるので、レンタルサーバや自分のパソコンにJavaの開発環境をインストールして動かしてみると覚えやすいです。
俺はさくらVPSを借りてJavaをインストールしてプログラミングを覚えました。
このノウハウは当サイトの記事でも解説しているので興味があれば見てみてください。
IT系の資格を取得する方法

現在就職活動を行っており志望業界はITですが、内定は未だになくこの資格が役に立ったとは思っていません。ですが、いずれは使う資格だと思っているので時間のある学生のうちに取得できてよかったと思っています。

今後は、応用情報や高度情報処理技術者試験を受けて行きたいと思っていますが、これらの試験は記述式もあるので今回のような勉強ではまず受からないです。挑戦する際は数か月前以上から勉強していきたいと考えています。